読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生逆向、方向転換、あるがままに…

ちょっと変わった人生が大きく方向転換、その今昔、これからをリアルに書きます

好きな人ができる…。

今まで私は好き人ができると夢中になってしまう。それがわかってるので彼(子供)を一人にしないと決めた以上、好きな人、彼氏は作らないと決めていた。結婚も興味がないし、いつでもいいと思ってた。

 

それが突然そんなことをとっぱらいこの人を信じようと思えるひとが出て来た。

私は算命学で日干壬辰

パートナー縁のない私には唯一干合、西が支合する年。まだ勉強途中だけどこの年を楽しみにしていた。

 

その時はこの人かと思ってた。

そして思ったとおり夢中になってた。

f:id:mariakannon:20170429205341j:image

 

↑こんなイメージ、つたの絡まる森から出るのを助けてくれた。

母親にも会いたい人がいるので出かけるとき子供と犬とみててくれる?と聞いてみると

「全然いいからどんどん出かけてちょうだい」と…。

 

その時感じた…それでよかったのか、、

 

私が早く帰らないと、私がいないとって思ってたのは「私」だけだった。

 

そしてそして、そんな好きな人と繋いだ手は離れることになる。

 

私は自分が決めたことは気がすむまでやれるだけやって来た。

でも決めたことでも出来ないことがあった…

それでも私は大丈夫と思いながら日常をすごすけどやっぱりなにか哀しくて…。

どうしても全身全霊かけてしまうから無くなった時がどうしていいかわからないのかな…。

 

弱ってる自分も認めてなかった。でも確実に弱っていた。でもらだれにもわからないように。誰にも言えずにいた。

 

その時心から思った。「どうしたらいいですか?」

 

天使でも何の神様でもマリア様でも誰でもいいのでなんとかしてくださいと…。

 

そのあとしばらくしてある人に電話をかけようと思いついた。

そうだその人は今日休みのはず。

 

いつもなら相手が忙しいから電話したら悪いかなとか思うのにその時は思いついたときにもう電話していた。

 

その人は私がとても信頼してなんでも話せる人で、魔女会で受け取りなさいと強く言ってくれたひと。髪(神)を結う美容師でどこかなにかで繋がってると思える人。

その人からのメッセージ覚えてるのはただ一言、

「これからはハートと繋がることだよ!」

 

この一言からどんどん変わっていった。

 

普通こういう時元気だしなよ!とか大丈夫だよとかかもしれない。でもどんな言葉より心に響いてその後に続いていく言葉だった。

 

私はすぐに実行していった…。すぐにやる、これは今も昔も常に大切に思っていること。