読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生逆向、方向転換、あるがままに…

ちょっと変わった人生が大きく方向転換、その今昔、これからをリアルに書きます

ハートと繋がるまで…続き

36歳誕生日、まだ自分の「つた」に気づいてない。

その日は学校の発表会と保護者会…。

いつも側で支えてくるわたの母親が遠くからきていた。


学校の様子や先生の話を聞いてその日母と2人で思ったことは今まで色々あったけど、今も楽ではないけど、この学校に通わせることができてよかったと心から思った。


母親は「お姉ちゃん、あんまり無理しなくていいんだよ、無理なら帰っておいで」

といつも言ってくれる。


でも私はいつも「大丈夫」


私の母親ではなく私が甥っ子をみてるのはたった一つの理由…自分より倍の歳の人が同じことをしたらどうなのか?ただそれだけ。


でも本当は大丈夫じゃなかった、


今までは「大丈夫」そう言い聞かせてたからわからなかったけど。


旅も行かず、自分の欲しい服も買わず、全部我慢、好きな人さえつくらなかった。彼を絶対一人にしないと決めたから…。でも自分が決めたことだから我慢なんてあたりまえだと思ってた。


でもそんなことしてたら人にあなたはすごいねって言われて、それさえも受け入れらなくなってた。本当はすごいねって言われたいだけだったのかもしれないのに…。


そしてその後すぐ2017年、春分を過ぎてすぐ地元で信頼する人たちの集まりがあった。まさしくあれは魔女会だった。みんな自分だけは普通というがかなり変わってる。私も含めて。

その時バシッとある魔女にいわれた、

「受け取らないとだめよ!」


その意味は私に与えられてるすべてのことに

「私なんて…」と拒否するのではなくこれがほしい、あれがしたい、褒められたら素直に受け取ることだった。


その人はこれからは私の時代が来ると言ってた…。


その意味がその時はわかってなかった。


でもその2日後かな、(早い…)変化の時期が来た…。


好きな人が出来た…。