読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生逆向、方向転換、あるがままに…

ちょっと変わった人生が大きく方向転換、その今昔、これからをリアルに書きます

ハートと繋がるきっかけ…

これはハートと繋がりだしてからのこと、ある日安曇野の教会でリーディングを受けれることになった。(このことは後ほど詳しく)

その時言われたのは「私にとりまくつたのようなものが今どんどん刈り取られてる…」


つた…


まさしくだった…。それはこうしなければいけない、ちゃんとしなきゃ。ちゃんとやらなきゃ、お姉ちゃんだからちゃんとしなきゃ、

私に取り巻くつたが目に見えるようだった。


私はどうして1人で海外を旅するのか…それはその「つた」から唯一開放されるからだと気付いた…。

自由だからと思ってたけどその「つた」が苦しいかったからだ。


いつ起きても、道を間違えても、何食べてもいい、昼間からビール飲んでもいい。寝てもいい。どこへ向かってもいい。


頑張って頑張って仕事して、子育てして、できるだけ自分の力で…限界になると海外へ。

タイへは勉強でもあるけど大変な勉強や旅ほど私はワクワクして異次元であればあるほど「つた」を忘れられてよかった。


今思えば…。


それだけちゃんとやらなきゃと思ってやっていたからかな。


ご飯もちゃんと作る、できる限り手作り、無添加、おやつも作り、整理整頓、掃除もちゃんとしてできる限り早くねて、YouTubeを見過ぎないように、一緒に遊ばないと、どうしたら勉強するようになるか、どうしたら学校でうまくいくんだろ、家での問題かな?

あたまはそれで一杯だった…。


特に引っ越して昨年まではシェアハウスだったので色々な人がいてくれて私も余裕ができてたし、実家も近いので毎週末かえっていたので私にも余裕があった。


でも今は完全に2人きりで子供も学校に行きたがるし毎週帰れないので私はちゃんとしなきゃという思いだけで生きていた。ちゃんと仕事しないと、ちゃんとご飯つくらないと、ちゃんと学校うまくいけてるかな??

他の子いじめてないかな?


私は「つた」でグルグル巻き〜!


でもひかりの学校の先生は私にこう言ってくれる、

「どうしても無理ならたまにはお弁当カップラーメンでもいいんだよ」

「あなたの子供の悪いところなんとか治そうということをやめてください」

他にも沢山…

かなり衝撃的だった…。


まじ?ちゃんとしなくていいの?


それから学校でどれだけ問題児であろうと先生に全部任せることにした。今まで委ねるってことができなかったからこれも初体験…私が、問題は家でなんとかしないとって思ってたから。

でも先生は言ってくれた…


「ケンカはできるだけ子供たちだけでとことんさせます、だって子供同士刺激しあってるから、

そしてそれは子供どうしでしかできないから…。」


私は喧嘩をなるべくさせないように、人に優しくしなさいってだけ言ってきた。でも自分で傷つけて傷ついてってしないと本当に優しくなんてできなかった。そういえば自分もそうだった。


いつから同じ目線でみてないんだろうかと思った。